残酷で、そして愛しきジャカルタ Jakarta Kota Kejam Kesayangan

18年前の5月、国会議事堂を占拠し、巨大な屋根の上で初めて改革の風を感じた皆さん、そして今まで激動の時代を生き抜いてきた皆さん、今、あなたのジャカルタは、そしてインドネシアは、どんなですか。どこに向かっていますか。元気ですか。ごきげんですか。

 

 

インドネシアの映像ディレクター Eugene Panji氏による、一編の作品を紹介させてください。

 

 

インドネシアを愛する人、そしてインドネシアが大嫌いな人、全ての人に捧げます。

 

 

 

Saya Jakarta Saya

By Eugene Panji

 

Dimulai sejak matahari terbit dengan secangkir kopi,
陽が昇り、一杯のコーヒーとともに始まる今日

 

Kota ini diburu-buru mimpi dan kejaran setoran
この街は、いつだって夢とお金(緊急で入り用なんだ)に追いたてられている

 

Dijegal kemacetan pagi dan kenyataan fiksi lewat berita koran
毎度、朝の渋滞にやられ、新聞のニュースからは虚構の真実

 

Pencari nafkah berdansa bersesakan di sela kendaraan,
そして、クルマとバイクのはざまで、ひしめき合って踊りながら暮らしをつなぐ人たち

 

Senyum merekah setiap kali lampu lalu lintas tak lagi merah
いつものように信号機は赤にならず、そのたびに笑みがこぼれる

 

Ada candu fiktif yang ditebar oleh antrian para pekerja pada jalur alternatif.
各路線へのプラットフォームで列をなす働く人々の群れ、その数と同じだけ拡散されるジャンキーな夢物語

 

Ada harapan yang terkumpul pada kaca gedung yang saling memantul
反射し合うビルディングのガラス、そこに集まる希望、希望、希望

 

Siang jelang sore yang kepanasan, parkiran banjir kendaraan
むせるような暑さは夕方になっても下がらないし、駐車場は相も変わらずバイクの洪水

 

Trotoar menghidupi pedagang dan mengikat kaki pejalan
歩行路は物売りの命を育みながら、同時に歩行者の足を縛る

 

Pemuda joki dan pak polisi duduk bersama tanpa gengsi
若いジョッキーと警官は、見栄も張らずに木陰で一緒に座っている ※1

 

Kota ini selalu bersenandung, baik di hari kerja pun hari libur,
そう、この街はいつだって鼻歌を歌いながら口ずさんでいる

 

Lewat alunan musik dari suara kendaraan, penjaja, dan mereka yang tertidur
バイクやクルマの騒音、物売りの喧騒、それらが奏でる音のうねり、そして、うたた寝をする子供たち

 

Ironis, pencari nafkah terlena mistis senandung denting mesin penghasil koin
皮肉なことに、日銭を稼ぐ連中はコイン生産機のチャリンチャリンっていう音色の神秘に弱い

 

Lalu bercumbu dengan keluh lewat dunia maya tentang kota yang penuh
または、ネットの世界でこの溢れ返った街の不平不満といちゃついたりする

 

Malam, kota ini pintar dalam menyembunyikan matahari dan sisi kelam
夜だ。この街はとてもうまく陽を隠す、そして同時に暗黒の部分も

 

Mempercepat waktu lewat pesatnya pembangunan mall bertingkat
高層モールの建築ラッシュ、加速する時の流れ

 

Racun metropolitan berupa cinta tanpa batas meski terpenjara lalu lintas
都会の毒は無限の愛にも似ている。交通事情という監獄の中のでの話ではあるが。

 

Di banyak sudut peluh dan belantara keluh
どこに突き当たっても、汗と不平不満のジャングル

 

Kita rindu kota ini tanpa rasa malu dan jenuh
そんな中、めげずに、そして恥ずかしがらずに、僕らはやっぱりこの街が恋しいのだ。

 

Di banyak makian dan daftar keinginan
罵声と希望のオンパレード

 

Kita rindu kota ini atas nama cinta dan keterikatan
愛と束縛の名において、僕らはこの街が恋しい

 

Jakarta, kota kejam kesayangan.
ジャカルタ、残酷で、そして愛しき街、ジャカルタ

 

 

※1 ジョッキー
ジャカルタで指定時間、指定区間において渋滞回避のために乗車は3人以上と定められた規制に対し、乗車3名を満たすために、同乗することを職業とする「ジョッキー」が現れた。

 

 

※ 日本語部分は意訳を施しております。ご了承下さい。

 

 

参考:
SAYA JAKARTA SAYA 1 – Youtube