日本は国連改革が必要というジョコ大統領の理念に同意

先日のアジア・アフリカ会議開催中に行われた日本・インドネシア二国間会議に関するインドネシア内閣官房からの発表です。

日本は国連改革が必要というジョコ大統領の理念に同意

日本の安倍首相は、先日のインドネシアと日本による二国間会議の場で、ジョコ大統領がアジア・アフリカ首脳会議開会演説で訴えた国連改革の必要性を支持すると述べました。

ジョコ大統領は、第60回アジア・アフリカ首脳会議の開会演説で「富裕諸国は、彼らの力で世界を変えることが出来ると感じており、ここでも世界的不均衡が更に悲惨な状況をもたらし、国連は何も出来なかった」と述べています。

更に大統領は、国連の委任がない状況で起こる破壊活動の数々はこの世界機関の存在自体を無視した行為だと判断しており、「我々アジア・アフリカ諸国は、世界の平和が最優先されるよう、国連の改革を緊急に求める」とアジア・アフリカ各国代表に訴えました。

又、インドネシアと日本の二国間の問題、特に、エネルギー輸出に関する工業投資の問題、海洋問題、今後日本を訪れるインドネシア国民に関するビザ免除の問題について話合いが持たれました。

その他、「世界津波の日」宣言など津波災害対策に関する協力体制についても議論されました。

尚、本会議には外務大臣レトノ、経済調整大臣ソフヤン、商業大臣ゴーベル、内閣官房長官アンディが同席しました。

参照:
http://setkab.go.id/jepang-dukung-gagasan-presiden-jokowi-soal-perlunya-reformasi-pbb/
画像
http://dunia.news.viva.co.id/news/read/617692-menyibak–revolusi-mental–ala-shinzo-abe